♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

 
 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 
 
 
 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 
 
 
 
 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

グランビルの法則とは

アメリカの有名な投資分析家のジョセフ・E・グランビルが1960年に考案した法則を「グランビルの法則」と言います。

この「グランビルの法則」は移動平均線を使うチャート分析の基本として、現在でも世界中のトレーダーにより学ばれています。

 

グランビルの法則は簡潔に言うと「移動平均線に基づいてトレードする際に、8つの売買ポイントが存在する」という事です。

この8つの売買ポイントは、買いポイントが4つ、売りポイント4つの計8つの法則から成り、それぞれ相場の値動きと移動平均線の動き方で買い相場と売り相場を探す手がかりとなります。

取引で経験を重ねていくと、この8つのポイントが市場参加者に重要視されているのかが自然と分かってくると思います。

グランビルの8法則

☆買いの法則①

移動平均線が下落後、横ばいになるか上昇しつつある局面で、ロウソク足移動平均線の下から上へとクロスする。

主に、相場がある程度下落をした後、暫く時間が経過するか、下落した後に急騰し、相場が反転する際に見られます。

 

☆買いの法則②

移動平均線が上昇している局面で、ロウソク足移動平均線を上から下にクロスする。

主に、上昇中の騙しのケースに見られ、心理的には相場を上昇させる前に「もう一段落とす」「この辺りが天井」と大衆に思わせておきながら、上げていく際に見られます。

☆買いの法則③

ロウソク足が上昇する移動平均線の上にあって、移動平均線に向けて下落するもクロスをしないで再び上昇するパターン。

主に、トレンドの初動が発生した後に見られる動きで、「まだトレンドが継続する」ということをトレーダーに意識させる動きとなります。

☆買いの法則④

移動平均線が下落している局面で、ロウソク足移動平均線と離れて大きく下落。

主に、下落が更に加速して移動平均線が相場の下落に付いていけない場合に見られます。

上手くエントリーしないと、逆張りになるので注意が必要です。

☆売りの法則①

移動平均線が上昇後、横ばいになるか下落しつつある局面で、ロウソク足移動平均線を上から下にクロス。

上昇トレンドが終了して下降トレンドへと変わる初動を示す売買ポイントとなります。

☆売りの法則②

移動平均線が下落している局面で、ロウソク足移動平均線を下から上にクロス。

主に、相場が上昇後にもう一度高値をトライして失敗する場合に良く見られます。

☆売りの法則③

ロウソク足が下落する移動平均線の下にあり、移動平均線に向けて上昇するもクロスせずに下落。

主に、下落局面で更なる強い下落を見せる際に良く見られます。

☆売りの法則④

移動平均線が上昇している局面で、ロウソク足移動平均線と離れて大きく上昇。

主に、上昇が激しく移動平均線の動きが、相場の上昇についていけない時に発生します。

買いの法則④と同様に、上手くエントリーしないと、逆張りになるので注意が必要です。

 

 
 

◆重大なお知らせ◆
 

下記のLINEから相場について発信していきますので

 

必ずLINE登録して下さいね♪

 

LINE登録者限定で無料で私の手法をプレゼントします!

 

↓ ↓

 

 
 

 
 

♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 
 

おすすめの記事