♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

マージンコールとは

FXは「外国為替証拠金取引」の名の通り、預けたお金が「証拠金(担保)」として取り扱われます。

これが外貨預金などとは大きく違うところです。

そして、各FX証券会社では、口座にある証拠金以上に損失が発生しないよう「マージンコール」(追証)や「ロスカット」(強制決済)といった、投資家を保護するための仕組みを設けています。

まず、「マージンコール」は、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX証券会社が顧客に対して知らせるものです。

今の段階では市場から「退場」にはならないけど、「危ないよ」というサインです。イエローカードみたいなものです。

担保の残りの余力を示す数字を「証拠金維持率」というが、これはFX証券会社によって「取引に必要な証拠金額の〇%は維持して下さい」と決められています。

細かい仕組みは各FX証券会社によって異なりますが、例えば10万円を口座に振り込んで証拠金とし、1ドル(米)=100円の時に1万ドル(米)買ったとします。

為替レートは上がったり、下がったりするので、その度に含み益や含み損が出たりして、証拠金の評価額も上下します。

そして、含み損が証拠金の50%(この場合は5万円)に達したら、マージンコールが発生します。

マージンコールが発生した場合、決められた期日までに口座にお金を振り込んで証拠金を増やすか、取引を一部決済する事で維持率を高めることができます

 

・マージンコールを無視した場合はコチラ

👉ロスカット

 

 

おすすめの記事