♡LINE登録者限定で

無料で5大特典プレゼント♡

 

下記のLINEから

エントリー配信・相場分析配信しますので

必ずLINE登録して下さい♪
LINE登録者限定で5大特典を

無料でプレゼントします!

 

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

ロスカットとは

マージンコールが発生しているにも関わらず、こちらが何もせず、さらに損が拡大した場合は「ロスカット」が行われます。

顧客の意志に関わらず、取引(ポジション)は自動的に決済されます。つまり、強制的に反対売買されます。

ロスカットレベルはFX証券会社によって異なっています。

例えば、あるFX証券会社では顧客が30%、40%、50%の中から自分でロスカットレベルを設定できる様になっています。

この時、ロスカットレベルを30%以下に設定した場合、仮に1万米ドルのポジションを持つのに必要な証拠金が10万とすると、純資産評価額が3万円(10万円×30%)を割り込んだ時点で強制決済となります。

ロスカットは勿論ですが、マージンコールも発生するまで放置しておくのではなく、あらかじめきちんと逆指値注文などをしておき、損失を拡大させない様にした方が良いでしょう。

またFX証券会社によってはマージンコールが無く、ロスカットだけという所もあります。

いずれにしても、大きな損失は避けましょう。

 

証拠金以上の損失の可能性も

ロスカットが執行されると、コンピュータが自動的に決済します。これによって基本的には、証拠金以上の損失は出ない様になっています。つまり、不足金が発生したり、借金したりすることはありません。

ただし、為替レートが急激に変動(パニック相場)した場合には、実際に執行されるレートがロスカットの水準から大きく離れてしまう事があり、その場合には、預けている証拠金以上の損失が発生する事があります。

ロスカットは、証拠金の大半を失う強制決済です。これを避ける為にも、証拠金に余裕のある取引を心掛け、レバレッジを高く設定し過ぎないようにしましょう。

 

・資金管理のテクニックはコチラ

👉資金管理

おすすめの記事