♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

基本は成行注文で

FXには数多くの注文方法があります。しかし、それら全てを使う必要はありません。

基本的には成行注文と逆指値があれば充分です。

 

成行注文でポジションを構築し、損失限定の逆指値を入れておきます。

後は、状況に応じて利益確定をするだけです。

FXをシンプルに考えれば、大切なのはこれだけです。

 

利確も成行で充分

明確な目標があれば指値で利益確定するのも1つの有効な方法ではありますが、基本的には利益確定も成行で充分です。

損小利大の原則から言えば、損切りは最初から決めた所で行い、利益確定は伸びる所まで伸ばすのが1番となります。

 

複雑な注文を駆使しなくても充分に稼ぐ事ができます。

複雑な注文方法は、相場にあまり時間をかけることができない人が仕方なく使うものに他ならないです。

 

特にデイトレよりも短い間隔でトレードする「スキャルピングトレード」というトレード手法では、相場への参入も利益確定も損切りも全て成行注文をお勧めします。

なるべく、パソコンの前に居る間に全てを済ませたいですね。

「レバレッジをかけて大きなポジションを取る代わりに、時間のリスクは取らない」というトレード手法だからです。

指値や逆指値を使うのは、どうしても席から離れなければならない時のみとするのがベストでしょう。

 

デイトレやスイングトレードにおいては、損失限定の逆指値は必須です。

そして、利益確定もこの逆指値を徐々に移動していく方法で利益確定のストップ注文として利用する事もできます。

この手法を「トレールストップ」と言います。

 

忙しい人の為の応用編

世の中には忙しい人が多く、またそれ以上に損切りできない人が多いです。

ポジションを持つのが怖いと言う人もいます。

こういう人にお勧めなのが、ポジションを持った瞬間に、もしも逆行した場合の最大の損額を確定してしまう方法です。

 

まず、自分の思う方向にポジションを持ちます。

そして、その直後に利益確定と損切りの注文(指値と逆指値)の設定をしてしまい、後は一切見ないという方法です。

この時の損切りと利幅を100pipsとしたなら、既に100pips分の損失を受け入れて下さい。

「米ドル/円」や「クロス/円」で1万通貨でトレードした場合、100pipsは1万円です。

1万円の為替チケットを買ったと思えば良いです。

確認してみると、その1万円が無くなっているのか、2万円に増えているのかのどちらかという事です。

確率はほぼ50%ですし、精神的にも楽でしょう。

 

しかし、このやり方で勝ち続けれれば世話ないですね。笑

 

私は、FXをする時間が無いなら、他の時間を削り、意地でもFXの時間を作ります。

自分の欠点も背負った上で、克服しながらFXと向き合って欲しいと思います。

おすすめの記事