♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

「損小利大」とマネーマネジメント

相場の王道と言われるものに「損小利大の大原則」があります。

損失は小さい内に切って、利益は大きく伸ばすのが良いという事です。

 

分かっていても、実際にこれを実践するのは大変です。

何度か痛い目を見ないとなかなか実行できません。

 

利益が出ると人はどうしてもそれを確定したくなり、逆に損失が出るとそれを認めたくない為、希望的観測で回復するまで待ちたくなるのです。

 

損切りの実行と資金管理ができなければ、遅かれ早かれ退場する事となります。

投資の世界は食うか食われるかです。

ルールを守れない精神的に弱い人はカモになるのがオチです。

 

それではどうしたら良いか?

 

ポジションを持った瞬間に損失限定の逆指値の設定をするしか無いと思います。

買いでも売りでもポジションを持つと同時に、もしも反対に動いたら即損切りできるように注文を出しておくのを忘れないようにするのです。

 

逆指値はどこに設定するのか?

この質問は多いですが、私はサイクル理論に基づいてトレードしているので、サイクルの起点や天井に設定します。

簡単に言うと、ここを超えると(ここを割ると)シナリオが崩れるという所に設定しています。

 

勝てないトレーダーがよくやっている逆指値の置き方は、エントリーから10pips逆行したら損切りをするみたいなやり方ですね。

 

相場はトレーダーに合わせて動いてくれません。

なので、私達トレーダーが相場の都合に合わせていかないといけません。

ここを勘違いしていると、勝ち続けるのは厳しい世界でしょう。

 

大切なのは「資金管理」

「相場の王道」の内、「損小利大」と同じぐらい大切なのが「資金管理」です。

自分は今どれだけのポジションを持っていて、後どれだけ持つことができるのか。

複数のポジションの損益の合計はいくらなのか。

1回の損失はどこまでが適切で、あと何回リスクを取る事ができるのか。

 

100%勝てるトレーダーは存在しません。

どんな凄腕トレーダーでも、勝ち負けを繰り返してトータルをプラスにしているのです。

損切りは次にチャレンジする為の仕切り直しでもあります。

 

「損小利大」と「資金管理」。

この2つを徹底順守し、あとは自分に合ったトレード方法を見つけ出し、より良いモノにする為に調整していく必要があります。

 

勝っている人のやり方は決して1つではありませんが、負けている人たちには一定のパターンがある事が多いです。

相場の王道を進み、極力負けない地盤を作った上で、自分なりのポジションを持つタイミングや利益確定するポイントの選定などに磨きをかけて欲しいです。

 

一度見つけたらそれでおしまいではなく、めまぐるしく変化をする相場では、常に微調整が要求されるでしょう。

それは、他のお金稼ぎや人生における他の道と同じく、終わりの無い戦いではあります。

しかし、一度その域まで行けば、あなたが手に入れたFXという大きな味方は資産運用という面で非常に力強い相棒となってくれるでしょう。

おすすめの記事