♡LINE登録者限定で

無料で5大特典プレゼント♡

 

下記のLINEから

エントリー配信・相場分析配信しますので

必ずLINE登録して下さい♪
LINE登録者限定で5大特典を

無料でプレゼントします!

 

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

 

 

私たちを怒らせたり、不愉快にさせる大きな要因の一つに、「見返りを期待する気持ち」があります。

 

「あの人にこれだけ恩を売ってあげた」と言う自分の思いが強ければ強いほど、その人の見返りが得られなかった時の失望感も大きくなります。

 

「自分が挨拶したら相手も挨拶を返してくれるだろう」という期待があるから、そうでないと腹が立ちます。

 

いろいろ世話をしたら、いつか恩返しをしてくれるだろうという期待があるから、そうでないとき、「あんなに面倒を見てやったのに、礼儀知らずだ」と腹が立ちます。

 

でも、所詮は他人です。

 

自分の思い通りに行動してくれるとは限りません。

 

むしろ思い通りにならないことのほうが多いものです。

 

子どもに対する親の気持ちも同じです。

 

親が理想とする子どもに育ってほしいと願い、いろいろ買ってあげたり、教育の機会を与えたり、遊びに連れていったりします。

 

親の価値観に合う子どもに育つように、先回りして助言します。

 

だからこそ、グレたり反抗したり、親の期待とは正反対のことをするからイライラします。

 

しかし子どもだって他人です。

 

子どもには子供の人格があり、適性があり、考え方があり、生き方がある。

 

親の理想とは違ってあたりまえです。

 

だから、他人に何かをするときは、見返りを期待せずに、自分のためにやればいいと思います。

 

「してあげる」という意識を捨てて、自分が嬉しいから、楽しいから、トクをするから、という理由で行動すればいいと思います。

 

挨拶をするのは、相手のためじゃなく自分に元気を与えるため。

 

部下を育てるのは、部下の為ではなく自分がラクになるため。

 

ボランティアをするのは、弱者のためではなく自分の奉仕精神を満足させるため。

 

子どもに尽くすのは、将来世話してもらうためではなく、単に自分が楽しいから。

 

少しでも「自分のため」と思えなければ、やりません。

 

奉仕しない、尽くさない、お金も返さない。

 

こう書くと、なんだか性格悪い人のような印象がありますが、見返りが欲しいという気持ちを捨てると、自分のやることがすべて充実したものになります。

 

相手の反応が気にならなくなり、平穏な感情を維持できます。

 

たとえば、2014年にふるさと納税が流行ったのは、故郷や地域のためだけではなく、自分のためにもなるからです。

 

米や野菜などの特産品がもらえて、なおかつ2000円を超える金額は住民税の還付で戻ってくる(人によって上限が異なります)にもかかわらず、自治体にはお金が落ちて感謝されます。

 

ボランティアだって、道徳心よりも、自分のブランディングツール捉える。

 

活動の様子を写真に撮ってSNSやブログなどにアップすれば、「社会貢献に積極的な人」という印象を与えることが出来ます。

 

そう考えれば、自分にメリットがあるので、他人に尽くすことが楽しくなります。

 

それでいて周り感謝されるのですから、見返りがなくてもOKというわけです。

 

 

おすすめの記事