♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

 
 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 
 
 
 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 
 
 
 
 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

為替変動のリスク

通過を取引する際、自分が持っている通貨が高くなっていれば、為替差益を得る事ができます。逆に、安くなっていれば為替差損を被ることになります。
例えば、為替レートが1ドル(米)100円の時に、10万円分の米ドル(1,000ドル(米))を買ったとします。これ円に戻す際、為替レートが1ドル(米)90円になっていると取引しても9万円にしかなりません。
ここで1万円の為替差損が生まれます。

レバレッジによるリスク

少額の証拠金でも、数倍~数百倍のレバレッジをかけて、大きな取引ができるのがFXのメリットの1つですが、為替差益がレバレッジ分倍増する様に、為替差損も同じように倍増していきます。

例えば、10万円の証拠金で、10倍のレバレッジをかけて100万円として取引をしたとします。1ドル(米)100円のレートで米ドルを買い、1万ドル(米)をポジションとして保有していて、1ドル(米)95円でその1万ドル(米)を売ると、95万円になります。レバレッジを10倍に設定した為に、5万円の為替差損を被ったことになります。

レバレッジをかけていると、何倍もの利益が望める代償に、何倍ものマイナスが出てしまうこともあります。

マージンコール・ロスカットによるリスク

FXには、証拠金を上回る損失を防ぐために、マージンコールロスカットというルールがあります。

現在の含み損(現在のレートで決済した場合の損失)を証拠金から引いた証拠金残高が、取引に必要な証拠金の50%程度まで減ると、投資家に連絡がいきます。これをマージンコールといいます。

マージンコールがあったにも関わらず、改善されなかったり、あらかじめ設定された必要証拠金維持率(30%程度)を割り込んだ場合は、証拠金がマイナスになるのを防ぐため、強制的に現在のポジションが決済されます。意図しないタイミングでも自動的に強制決済されるので、証拠金の大半を失うことになります。

マージンコールやロスカットの必要証拠金維持利率はFX証券会社によって異なります。

スワップポイントによるリスク

FXでは通貨間の金利差によって、スワップポイント(金利)が発生します。しかし、金利が変動して高金利だったはずの通貨の金利が安くなると、スワップポイントは少なくなったり、マイナスに転じてしまうことがあります。

財政状況によるリスク

購入した通貨の国の情勢は、とても重要です。金利が高く、魅力的な通貨だとしても、その国の信用度が低かったり、政情や財政状況が不安定だったりすると、暴落の恐れがあり、リスクが大きいです。これをカントリーリスクといいます。

また政情が安定していても、テロや戦争等の特殊な状況下では、為替レートがボラティリティがかなり出ます。これを地政学的リスクといいます。

決済ができないリスク

取引があまりされないマイナーな通貨の場合、主要な市場が祝日だったり、テロが起こったりすることで、希望するタイミングで決済できないことがあります。これを流動性のリスクといいます。

ネットトレードのリスク

インターネットトレードの場合、売買注文のミスなどで誤注文してしまい、意図しない取引が成立する可能性があります。またパスワードなどが漏洩して、第三者に悪用されてしまうことも考えられます。

 
 

◆重大なお知らせ◆
 

下記のLINEから相場について発信していきますので

 

必ずLINE登録して下さいね♪

 

LINE登録者限定で無料で私の手法をプレゼントします!

 

↓ ↓

 

 
 

 
 

♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 
 

おすすめの記事