♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

MACDとは!?

「MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)」
日本語訳をすると「移動平均収束拡散手法」と言うものになります。1979年にジェラルド・アペルよっって開発され、簡単に説明すると移動平均線をベースに2本のラインの乖離を表示したテクニカル指標です。

MACDの読み方としては「マックディー」です。
ほかの呼び方もございますが、こちらの呼び方の方が主流になっております。

 

 

MACDの見方

緑:MACD

オレンジ:シグナル

 

青色の丸をご覧ください、

こちらがゴールデンクロスしているのがわかりますよね。

ゴールデンクロスのサインがでているの上昇相場になります。

 

 

 

続いては

デッドクロスになります。

こちらも同様にMACDがシグナルを超えたので下落の相場になります。

 

こちらを目安として取引などを行える非常に便利なツールになります。

 

 

MACDヒストグラム

次に、真ん中に赤と青の棒が見えると思いますが、

 

これをMACDのヒストグラムと呼びます。このヒストグラムが表示されないMACDを提供している会社もありますが、

このヒストグラムはMACDとシグナルがどれほど離れているか、つまり乖離の幅を表しています。

 

ヒストグラムが中心線の0より上向きに出ている場合には、シグナルのラインがMACDより上で推移している事を示し、反対にヒストグラムが0よりも下方向へと出ている場合にはシグナルラインがMACDよりも下方向で推移している事を示します。

 

 

そのため、「ヒストグラムが上方向に出ている場合には買いが強い」状況を示唆し、反対に「ヒストグラムが下方向へ出ている場合には売りが強い」示唆しています。

 

 

また、シグナル・MACDも同様に見る事ができ、「シグナル・MACDが0ラインより上で推移する場合には買いが強い」、反対に「シグナル・MACDが0ラインより下で推移する場合には売りが強い」と言った状態を示唆しています。

 

 

 

最後にMACDのポイントになります

MACDは、シグナルの発生が早く精度が高い事で知られている。

MACDが、シグナルを下から上方向に突き抜けるとゴールデンクロスとなり「買いサイン」

MACDが、シグナルを上から下方向に突き抜けるとデッドクロスとなり「売りサイン」

MACD・シグナルが0ラインを下から上へと突き抜けた場合には、それより前に発生したゴールデンクロスの正確性を高める傾向にある。MACD・シグナルが0ラインを上から下へと突き抜けた場合には、それより前に発生したデッドクロスの正確性を高める傾向にある。

おすすめの記事