♡1日1回応援クリックして頂けると、ブログ更新頑張れます♡

 

↓ ↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

♡LINE登録者限定で無料で5大特典プレゼント♡

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

pips 利益計算法

今回は利益計算法、PIPSを解説していきたいと思います。

たくさんのFXのブログとかを見られている方が多いと思いますが、PIPSがよくわかりませんよね?

今回はわかりやすく教えていきます。

 

基礎知識PIPS(ピップス)

 

FXにおける取引価格の最小単位をPIP(s)と呼びます。

【Percentage in point】の略で最小通貨単位の1%という意味。

日本円では1円の1%である1銭、米ドルでは1セントの1%である0.01セントが、

それにあたります。たとえば【1円(100銭)の差益】=【100PIPsの差益】と表現されます。

 

取引量と差額を掛け算

FXは実際にどれくらい稼げるのでしょうか。

基本的な目安として、1万通貨取引で1円動けば1万円の利益になると覚えておきましょう。

その計算式は、取引量と価格変動の差額を掛け算したものになります。

取引量×差額=利

 

例1(10,000米ドルの取引量、1円の差額)の場合

10,000(取引量)×1.00(円)=10,000円の利益

※必要金額5万円

 

例2(100,000米ドルの取引量、20銭の差額)の場合

100,000(取引量)×0.20(円)=20,000円の利益

※必要金額50万円

☆ポイント

実質の取引ではスプレッドがあります。

実際の取引では。同じでも買値の売値に格差(スプレッド)が設けられており、この数pipsのスプレッドが手数料のよう形でコストとなります。例えば3pipsのスプレッドがある通貨ペアで1万通貨の取引をする時は、300円のコストがかかるわけです。

おすすめの記事