♡LINE登録者限定で

無料で5大特典プレゼント♡

 

下記のLINEから

エントリー配信・相場分析配信しますので

必ずLINE登録して下さい♪
LINE登録者限定で5大特典を

無料でプレゼントします!

 

 

 

♪メルマガ登録者限定で無料でお金を稼ぐ考え方を無料でプレゼント♪

 

 

※当ブログはサイクル理論に基づいて書いています。

 

サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。

 

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)

 

こんにちは♪専業トレーダーのりさです♡

ビジネス書を読むと、「5W1H思考」という言葉がよく出てきます。

 

人に話したり書いたりする時には、Who・Where・When・What・Why・How、つまり「誰が、どこで、いつ、何を、なぜ、どのように」を意識する事が最も重要だという事です。

 

レポートを書くとき、プレゼンテーションをする時、この5W1Hを意識して入れる事は確かに大切です。

 

しかし、最速で結果を出すには、5W1Hではなく2W1Hで十分です。

 

「2W1H」とは、WhatとWhyとHowです。

 

つまり、「何を、なぜ、どのように」という事です。

 

5W1Hを意識しながら話すのは難しいですが、2W1Hなら比較的簡単です。

 

コツは最初に「なぜ?」を持ってくることです。

 

なぜなら、どのようにというHowを話過ぎると、人は行動しないからです。

 

人は、方法で行動するのではなく、根拠(=なぜ)で動きます。

 

逆に言えば、人は「なぜ」がしっくりくれば、話を聞きます。

 

例えば、「英単語の覚え方を教えます」といきなり言ったり、覚え方を長々語っても、相手が「単語を覚えたい」と思わなければ、言葉は耳に入りません。

 

でも、「なぜ、単語を覚えると良いのか?(なぜなら、単語を覚えれば、脳が若返るから)(単語を覚えれば一流になれるから)」等、「なぜ」というストーリーを先に説明すれば、納得した人が聞く耳を持ってくれます。

 

そして、「どうやって勉強するか」というHowについてもそこで初めて「聞いてみたい」と思ってくれます。

 

ビジネスでは、これこそが結果に繋がります。

 

聞き手・読み手の興味を引き付け、相手を動かす為には、このように「なぜ」を最初に持ってくることが重要です。

 

「なぜ」英単語をたくさん覚えているビジネスマンは年収が高いのか?

 

「なぜ」筋トレをしている人は仕事ができる人が多いのか?

 

このように「なぜ」を入れた伝え方をする事で、単に「英単語の覚え方」「お腹の凹まし方」の話をするよりも、感情に訴える事ができ、相手の行動を変える事ができるのです。

 

その他、意識したいことは、仕事の話をする際は抽象的な話を2割、具体的な話を8割にする事です。

 

例えば、「思考は現実化する」というテーマを説明するとしたら、最初に「思考が行動となり、行動が習慣となり、習慣が結果を生む」という抽象的な説明を2割した後、残りの8割で、具体的な説明をするイメージです。

 

仕事ができない人は、ずっと抽象的な話をしたり、書いたりすます。

 

一方、仕事ができる人は皆、この2:8の法則で結果を残します。

 

これはどんな時も同じです。

 

例えば、「ハワイに旅行に行った」という話をする時も、ハワイのどこに行ったのか、何泊何日で行ったのか。

 

誰とどこに泊まって、何に感動したのか、という話を8割するべきです。

 

それがないと、聞き手にストーリーを想起させる事も、ハワイそのものをイメージさせる事ができません。

 

これは、相手に伝えたい事が上手く伝わらないという事でもあります。

 

なので、こういう時は「会社の同期の女4人で4泊6日の日程でハワイに行って、ワイキキのシェラトンホテルに泊まった。ビーチの夕暮れが綺麗で感動した」という風に、具体的な地名、固有名詞があると想像しやすく、相手にも分かりやすくなります。

 

お笑い芸人やテレビの名司会者を見ていても、上手な人は、話が具体的で面白く、分かりやすいものです。

 

仕事においても、話に具体性を持たせるために、抽象的な話は2割にして、具体的な話を8割にするようにして下さい。

おすすめの記事